さいたま市の「サイゼリア」のフリウリ風フリコ。一度聞いたら忘れられない名前と味と食感

さいたま市の「サイゼリア」のフリウリ風フリコ。一度聞いたら忘れられない名前と味と食感

【店名】
サイゼリア
【所在地】
埼玉県さいたま市宮原町

【性別】女性
【年齢】50歳
【職業】販売職


【お店を知ったきっかけ】
同じショッピングモール内にあるテナントだったので、コロナ前はしょっちゅうお昼休憩時に利用していました。

【誰と行ったか】
よく一人で入店しました。




【お店の雰囲気】
チェーン店なので、わりとどこの地域にもあります。
ショッピングセンター内や大きな駅構内、車道沿いなど。
私がよく利用していたサイゼリアはモール内3階のレストラン街にありました。
まぁまぁ広さもあり、窓からの眺めも悪くなく、明るいイメージです。
スタッフの方々は、おそらく人員不足でいつも忙しそうでしたが、明るく丁寧で、親切でした。

【注文したもの】
フリウリ風フリコ(チーズとジャガイモを使ったイタリアの郷土料理)




【感想】
職場近くのサイゼリアに会社の人間と立ち寄った際に、上司が注文していた料理です。
名前が変わっていて面白かったことが印象的でした。
メニューを見直してみると、チーズとジャガイモを使用しているとのこと。
チーズもジャガイモも好きだったので、次にサイゼリアに行った時は必ず同じメニューを注文しようと心に決めていました。
食べてみた時の感想は、まず口に含んだ時の食感の滑らかさに驚き、感動しました。
あのクリーミーさはなんなのでしょう? 本当にジャガイモとチーズと塩のみの、シンプルな味わいで、すっかりファンになってしまいました。
安いし美味しかったので、またすぐにサイゼリアに行きました。
定番メニューではないと思うので、メニュー表から消えてしまう前に、もう一度食べに行こうと思っています。




【他のメニューやトッピングなど】
私はフリウリ風フリコだけでは足りないので、一緒にペペロンチーノスパゲティーを頼みました。
パスタを注文する際は必ずタバスコを使用するのですが、サイゼリアでは唐辛子フレークで味わいます。
唐辛子フレークはタバスコと違い、酸味がないのでどんな料理にも合います。
気分によってエキストラオリーブオイルやグランモラビアチーズ(粉チーズ)で、味をアレンジするのですが、フリウリ風フリコだけはなにも調味料を使わずに、そのまま味わいました。




【エピソード】
私は辛党のチーズ好きなので、タバスコや粉チーズなどはけっこうな量を使ってしまうのです。
タバスコや唐辛子フレークはともかく、粉チーズは以前のパルメザンチーズからグランモラビアチーズに変更されてしまいました。
容器も小さくなったせいで、私が使うと一回の食事で半分以上・もともと満杯に入っていない場合などは使いきってしまいます。
ですから、コロナ前には会社近くのサイゼリアに、頻繁にお昼休憩に利用していたので、私のせいで粉チーズの消費量が馬鹿にならないんじゃないか? と、申し訳なく思ったものです。




【知人の評判】
知り合いはイタリアンハンバーグが好きで、サイゼリアに行くと必ずそれを注文しています。
旦那は日替わりランチ。
会社の先輩はリゾット。
皆さんお気に入りのメニューがあります。
イタリア風リゾットは低カロリーで味もしっかりしていて、パスタやハンバーグだと重たいなぁって日は私もよく注文していました。
今はグランドメニューに載っていないリゾットで、過去にチーズ味のリゾットがありましたよね? 正式名称は忘れてしまいましたが、先輩曰く「うまいけど、ちょっとチーズ味が濃い」と評価していて、チーズ大好きの私はさっそく食べてみたことを覚えています。




【他との比較】
私はイタリアンが大好きだから、他のファミレスよりサイゼリアを選ぶことが多いです。
季節限定メニューもパスタは必ずチェックします。
時々変わるグランドメニューも毎回美味しいです。
ランチメニューの時はスープがつきますが、私は毎回オリーブオイルとペッパーで、味をカスタマイズします。
あの独特の風味のあるオリーブオイルが自由に使えるなんて、得した気分になります。




【価格と満足度】
とにかく価格の割りには味もしっかりしていて、ヘルシーで楽しめます。
サイドメニューも固定ファンが多いですよね。
仕事でない日は必ずエスカルゴのオリーブ焼きと白ワインをオーダーすることが、コロナ前の楽しみでした。
友人と数人で行けば、いろいろ注文してたくさんの味を楽しめることも、あの安さならです。
白ワインも味がじっかりしているし、下手な居酒屋に行くよりも絶対にお得です。




【期待すること】
期待というより、いつも人員不足で忙しそうなので、早くスタッフが適正の人員に増えればいいなと思います。
時々会話するスタッフの方もとても良い方で、お昼時の多忙な時間帯も笑顔を絶やさず素敵な方でした。
要望といえば、昔好きだったメニューを復活してほしいということでしょうか? あと、出来ることならグランモラビアチーズでなくて、あの緑色の容器のパルメザンチーズに戻していただきたいです(笑)。



出された料理を、調味料などで自己流に味付けすることは邪道だ。
とよく言われますが、お気に入りの味でアレンジした料理を楽しみたい人は一定数います。
ちょっと高級っぽいお店では人目が気になり、遠慮して躊躇してしまう食べ方ができるのも、サイゼリアならではの醍醐味です。
味を変えるのではなく、風味を変えることは、悪ではないし、料理を冒涜しているわけでもありません。
節度ある自由な食を楽しみたい人は、ぜひサイゼリアへgo!

サイゼリア
埼玉県さいたま市宮原町
女性・50歳・販売職
さいたま市の「サイゼリア」のフリウリ風フリコ。一度聞いたら忘れられない名前と味と食感